100均

100均便利グッズレポート
関連記事一覧


  1. 100均の便利な
    自転車グッズレポート
  2. 100均貧乏向け
    おすすめ100均グッズ
  3. 100均ダイソーで
    動画を快適に見れる
    スマホスタンドならコレ
  4. 寝ながらスマホするなら
    100均のコレで自作するのが
    最高に良い
  5. 100均の便利な
    グッズレポートその1
  6. 100均の便利な
    グッズレポートその2
  7. 100均の便利な
    グッズレポートその3
  8. 100均の便利な
    グッズレポートその4
  9. 100均の便利な
    グッズレポートその5
  10. 100均の便利な
    グッズレポートその6
  11. 100均の便利な
    グッズレポートその7
  12. 100均の便利な
    グッズレポートその8

100均便利グッズ

100均便利グッズのすすめ



100均グッズレポートの一覧です。

実際に購入して
所持したなかでの
レポートとなっています。

ゆえに、チョット
辛口です。
だめな物はダメって言います。

近年の
100円ショップの品揃えは
スバラしいものがあります。

貧乏人にはなによりの味方!
・・・かもしれませんし、

貧乏でなくても、
豊富な雑貨の品揃えには、
きっと楽しいお買い物が
できると思いますから、
上手に使いたいものですよね。

今まで足を運んだコトのない方も
ゼヒ行ってみてください。

今となっては
チェーン店もたくさんあって、
意外と近所にも
あったりしますよ。

ホームセンターは
郊外にあったりしますが、

100円ショップなら
街中にあったりしますので、
ホームセンターの
代替としても重宝します。

2015年現在では
円安と中国人件費高騰の
影響で全体的に値上がりや
内容量半減などが起こっています。

反面、
ウィットティッシュなどの
衛生関連商品
は日本製へ回帰しており
高品質となりました。

以前の中国製は
ゴミにもならんような
クソ品質だったのですが
日本製は普通に使える品質です。

消耗品を
日本製にすることにより
リピート購入してもらえる
商品が格段に増え、

100円ショップは
「たまに行く店」から
「定期的に行く店」に
戦略的に転換しつつあります。

郊外の単独店舗の展開から
西友やイオンなどの
大型ショッピングセンター内の
テナント出店展開を重視するに
あたって、
品揃えの方向性や
品質の性格も
転換したと思われます。

「郊外型の安かろう…」から
「街中の便利な雑貨屋」に
戦略転換したカンジですね。

従来のおしゃれな雑貨屋と
競合する立場になり、

大型ショッピングセンター内の
他のテナントでの
ウィンドウショッピングで
購買意欲の上がった状態を
狙い撃ち、

100均ショップの
100円という安さを
武器に誘導し

競合他店舗の購入率を下げ、
自店舗の購入率を上げ、
競合の切り崩しに
かかっているカンジです。

最終的に
ショッピングセンター内の
雑貨屋は撤退し、
100均ショップだけが残り、
空いたスペースを
さらに100均が占有するという
展開が最近の風潮ですね。

以上、トップページの
100均自転車 へ戻る。