低コストでLED化

低コストでLED化して
電気代を安くする




とにかく、
低コストLED化したい。

そんな人のための
ページです。

安い。損しない。
お得で、簡単。

どんな都合のいい
要望でも、

答えは、
このページの中にあります。

LED照明の選び方

令和時代の
LED照明の選び方


どんなLED照明を
選ぼうが、

それをドコで買おうが、

まずは、
このページを
参照してください。

とにかく安い組み合わせ。
とにかく便利な組み合わせ。

そして、
失敗なんかありえないし、
そんな、
心配なんかしなくていい

とにかく簡単な選択。

おまかせ下さい。

令和時代の
LED照明の選び方
解説です。

  1. 1円でも安くしたい

  2. 明るさ?色は?リモコン?

  3. とにかく簡単に

  4. トイレ・玄関なら人感センサー

  5. 電気代を安くしたい

  6. LED化まとめ

目次の各項目の要約…


【 1 】
とにかく、
1円でも安くしたい
それなら、
最安値のLED電球と
最安値のソケットをご案内。

ソケット200円と
LED電球300円、
計500円の組み合わせ。


【 2 】
るさ?発光
どれを選べばいいのか
わからない。
一度にそんなに試せない。

それなら、
明暗可変、色可変、
ON/OFFスリープ自在、
なんでもアリの全部入り
リモコンLED電球で、
いいんじゃない?

そんなのあるの?
もちろん、あります。
そのうえ、安い。

面倒だからこそ、
無難に全部入り。


【 3 】
とにかく、
めんどうなのはイヤ。
とにかく簡単に

ぶっちゃけ、
よく分かってなくても、
ぜんぜん大丈夫な
組み合わせを
ご案内します。


【 4 】
トイレ・玄関なら人感センサー
が、おすすめです。
もちろん、安い。


【 5 】
とにかく、
電気代を安くしたい
でも、
初期投資は1年で回収したい。
大丈夫です。
わかりやすく
計算しています。
どうやっても、
LED化の初期投資は、
1年目の削減電気代と
ほぼ同じくらいです。

1円でも安くしたい

1円でも安くしたい
LED化ならこれ

照明器具に
お金をかけたくない。

なら、
引掛ランプソケットですね。

それに
低価格LED電球を
組み合わせます。

だいたい7畳の部屋なら
60W型でOK。



LED裸電球

上記の組み合わせだと、
500円未満。


取り付け箇所ですが、
普通は上記のような
シーリングローゼット(Wiki)
ついてます。

照明器具の取り付け部品は
昭和52年頃からの
JIS規格で日本全国共通。

多少、年代で
薄茶の角型だったり、
形状が違ったりしますが、

互換性に関しては
なんら、心配はいりません。

フツーに、
引掛ランプソケットは
取り付けられます。



差し込んだら、
カチっと
フィットするまで回す。
2秒で終わります。

蛍光灯の器具は、
この際、危惧ごと
取り替えちゃいましょう。

ただ、ソケット自体に
スイッチ機能がないので
壁のスイッチが必要
ですけどね。

明るさ?色は?リモコン?

リモコンLED電球
面倒だから全部入りLED


壁スイッチがないから、
照明器具自体に
スイッチが必要…とか

電球色と、
昼白色で、
どっちがいいのか
わからない…とか

明るさを調整したい…とか

どうしたらいいのか
わからない。

どれを選んでいいのか
わからない。

っていうか、
迷っちゃって
どれか1つに
選べない。

でしたら、
面倒だから、全部入り。

全部入りの
リモコンLED電球。

器具じゃなくて、
LED電球そのものに、
機能を詰め込んだ製品。

壁スイッチがなくても
リモコンで
入り切りできて、

薄暗い電球色にも
できて、

明るい昼白色にも
できて、

そして、節電。
しかも安い。

取り付けは
引掛ランプソケットで
充分ですよ。

寝室や、
やや狭い個室におすすめ。

とにかく簡単に

とにかく簡単に
LED化したい


とにかく、
よくわかんないから、

簡単なのがいい。

なら、コレ。

器具と電球の一体型。

簡単すぎて、
説明とかいらない。

っていうか、
説明しない。

っていうか、
説明するまでもない。

いいなって思ったら
コレにしちゃえばいい。

それが正解。
それで正解。

トイレ・玄関なら人感センサー

トイレ・玄関なら
人感センサーつきLED


↑シーリングローゼットに
直接脱着する
器具と電球一体型タイプと…


↑器具のソケットに
脱着するタイプ。

器具ごと変えちゃうなら、
引掛ランプソケットで
裸電球も良し。

総じて、
価格は安いと思うんです。

電気代を安くしたい

LED化で、どれくらい
安くなるの?


電気代のお話です。

ホントは電気代の
計算方法は複雑なんですけど、

ざっくり、いきます。

今の家庭用の単価は、
1kWhあたり、
20円が相場です。

1000W(1kW)のドライヤーを
1時間(60分間…1h=60min)
連続使用すると、
1kWh(1000Wh)です。

60W型のLED電球は、
おおむね消費電力は
7Wくらいです。

1kWhの20円分の電気料金で…
60W型のLED電球を
どのくらいの時間
点灯できるかというと…

1000Wh / 7W = 142.9h

ざっくり
143時間です。

じゃぁ、
1円で何時間使えるの?

143h / 20 = 7.15h

ざっくり7時間です。


こんなふうに、
1kWhあたり
20円という数値で
割り算していくだけ。

では、実際に、
どれくらい安くなるのか
計算していきます。

60Wの白熱電球の
消費電力は60W。

だいたい、同じ明るさの
蛍光灯だと、30W型が
体感的に、同じ明るさ。

LEDだと、60W型。
60W「型」ね。
LED60W型の消費電力は
おおむね7W。

白熱電球の消費電力の
60Wを、
1.000とすると、

蛍光灯タイプの
30Wは、
0.500。

LEDタイプの
7Wは、
0.115。


例えば、
60Wの白熱電球を
1日 8時間
1年(365日)使ったとすると…

8h x 365days x 60W
= 175200Wh
= 175.2kWh

電気代は、
175.2kWh x 20円
= 3504円。

ざっくり、
1年で3500円。


じゃぁ、
蛍光灯タイプにしたら?
3500円 x 0.500
=1750円。

白熱電球との差額は
年間で1750円。


じゃぁ、
LEDタイプにしたら?
3500円 x 0.115
=403円。

白熱電球とLED電球の
電気代の差額は
年間で3097円。


じゃぁ、
蛍光灯とLEDの差額だと、

1750円 - 403円
=1347円。

蛍光灯とLED電球の
電気代の差額は
年間で1347円。


で、
60W型のLED電球の
価格って、
いくらでしたっけ?




ちなみに100均の
ダイソーだと、
60W型のLED電球は、
400円です。

LED電球化すると、
電気代の差額は…

1日 8時間
1年(365日)使ったとすると…

白熱電球との差額は
年間で3097円。

蛍光灯との差額は
年間で1347円。

さて、
LED電球化して、
初期投資を
1年で回収できるか?

…まぁ、
ぶっちぎりで
回収できますよね。

初期不良で
2個くらい壊れても
大丈夫なくらいですよね。


ですが、

LED化のメリットは、
電気代じゃないんです。

白熱電球の
定格寿命は
2000時間。

蛍光灯は
6000時間。

LEDの定格寿命は
40000時間。

ケタが1コ違うのです。

交換コストは、

「40000時間」は、
500円のLED
1個で済む。

比べて、
「40000時間」は、
蛍光灯だと、
400円の蛍光灯を
6.67個、消費する。
金額だと
2670円。

白熱電球だと、
150円の電球を
20個、消費する。
金額だと、
3000円。

LEDだと、
1個、消費する間に、

蛍光灯は、
6.7回交換する。

白熱電球だと、
20回交換する。

その手間と
人件費は…?

LED化の最大の
メリットは
この定格寿命
40000時間がもたらす、

人件費の削減です。

LED化まとめ

LED化まとめ




LED化のメリットを、
まとめます。


【 1 】
LED化は
今すぐにでも、
行うべし。
今の電球が切れてなくても、
蛍光灯が切れてなくても、
LED化したほうが
お得です。


【 2 】
LED化の最安値は?
まぁ…、
ソケットとLED電球で
計500円くらい。


【 3 】
どれがいいのか
決められないなら、
リモコンLED電球
引掛ランプソケットの
組み合わせをどうぞ。
面倒なら、全部入りで
無問題です。


【 4 】
よく分かんないから、
簡単なのがいいなら…
↓一体型のコレなど、いかが?



以上、カテゴリトップの
生活術 へ戻る。