サバ缶の後始末

サバ缶の後始末…
そしてカビキラー最強伝説


サバ缶

結論から言うと、
カビキラー最強伝説
ここに健在ってこと。

ここでは青魚の缶詰…
サンマ・サバ・イワシなど…
サバ缶後始末について
述べてみたいと思います。

SNS

カビキラー最強伝説

関わるモノは塩素殺菌
使う道具は使い捨て


後始末

サバ缶の他、
青魚の缶詰のニオイは
特殊にして、
強烈です。

お湯でも使おうものなら、
一気にニオイが広がって
大惨事になります。

ある程度は
「あきらめ」が肝心です。

関わるモノは塩素殺菌
そして、
使う道具は使い捨て

ゆえに、
カビキラー最強伝説ここにあり
…なのです。


台所

塩素殺菌と使い捨て…

…その方法です。

  1. サバ缶 後始末
    洗うしかない…
  2. ウェットティッシュや
    使い捨てゴム手袋
  3. そのあとカビキラーを
    吹きかけます
  4. 私は、なんでも
    カビキラーです。
  5. さんま蒲焼…の缶詰

サバ缶の後始末は
洗うしかない…

サバ缶の後始末は
洗うしかない…


ゴム手袋

缶詰の缶なんて
水で洗って干すだけ
なのですが、
青魚やサバ缶や
イワシの缶詰は
別格に臭います。

洗えば
シンクも臭います。
使ったスポンジも
臭います。

ワタクシの場合ですが、
スポンジは使いません。

スポンジに付いた
青魚のニオイは、
どうにもとれないので
始めから
スポンジは使えないのです。

だからこそ、
スポンジを使い捨てるより、

金額的に圧倒的に
安上がりな

使い捨て用品を
選ぶのです。

ウェットティッシュや
使い捨てゴム手袋

ウェットティッシュや
使い捨てゴム手袋


代わりに使っているのが、
ウェットシートの類。
ウェットティッシュや
キッチンタオルなどです。

水に溶けない
使い捨てのシートで、
缶にこびりついた汚れを
拭き取ってしまいます。

まぁ、新聞紙でも
大丈夫かも。

そのとき
直接、缶に手が触れると
手にニオイがつきますので、
割り箸でシートをつかんで
フキフキします。
使い捨てのゴム手袋
使ってもいいかもしれません。

お医者さんが手術で使う
ピタっとした
クリーム色のゴム手袋を
イメージしてもらえると
いいです。

ゴム手袋

「ラテックスグローブ」とか、
「ニトリルグローブ」とか
言います。

医療や介護だけでなく
食品加工や
化学系、工場系の
作業員には
ラテックス手袋は
おなじみにアイテムですね。

フツーにドラッグストアや
ホームセンター、
ワークマンや
厨房用品店に置いてあります。

ちなみに、手についた
魚のニオイには
「塩」でもんだり
もしくは、
「歯磨き粉」が有効です。

じゃぁ、
塩と歯磨きで
サバ缶を洗えば
いいじゃない?

って思うかもしれませんが、
それだと、
歯磨き粉の消費量を
考えるとコスパが
イマイチってカンジです。

歯磨き粉の使用量も
さることながら、
あのペースト状が
泡立ちにくく、
伸びにくく、
洗いにくいんですよね。

そのあとカビキラーを
吹きかけます

そのあとカビキラーを
吹きかけます


ウェットティッシュなどで
フキフキしたら…

そのあと、缶全体に
カビキラーを吹きかけて


10分間、放置後、
水で流しちゃいます。

オイルが多いツナ缶なんかは、
カビキラーより先に
食器洗剤や石けんでオイルを
落としたほうがよいかも。

…んー、でも、
カビキラーだけで
充分ですけどね。

キッチンハイターでも
いいですよ。
成分的にほぼ同じなので。
でも、
カビキラーは
泡のスプレーなので
効率がいい。

その洗った缶を
どうするのかというと、
水を切って、
スーパーで備え付けの
ロールポリ袋に入れて
キッチンクリップで
閉じちゃいます。

キッチンクリップは
100均で大量に
買っておくといい。

塩素系洗剤を使ったとしても、
青魚のニオイは
完全には、とれませんので

ポリ袋をキッチンクリップで
完全に密封しちゃいます。

キッチンクリップなら
ワンタッチで超お手軽。

資源ゴミの日まで
このまま保管です。

ちなみに
カビキラー洗浄を怠ると、
とんでもなく
危険な臭いを放つ
袋が出来上がります。

その臭いは
筆舌に尽くしがたし…です。

終わったら
キッチンシンクに
まんべんなく
カビキラー散布です。

青魚の缶詰めは
洗えば、シンクと排水口
排水管まで影響しますからね。

ゴミの日が来たら、
この袋のまま持参し
現場でクリップ解いて
中身を捨てて、
袋は持ち帰って処分です。

洗うときに使った
使い捨ての手袋や、
ウェットシートの類も
別途、ポリ袋に完全密閉で
捨てます。

つまるところ、

関わるモノは
塩素殺菌
使う道具は
使い捨て

こうなってしまいます。

もっといい方法が
あるのかもしれませんが
現状、ワタクシは
こんな感じです。

手間を考えると
ある程度の
使い捨ての部材は
許容するべきかと
思います。

青魚の缶詰は
ほぼ毎日食べてるのですが
この方法で
夏場も問題ないです。

あと、熱湯ですが、
日本国内の住宅事情ですと、
排水に熱湯は厳禁なはずです。

排水管の継目にダメージを
与えて、下の階層への
漏洩事故になるんです。

ボウルかなにかで
漬け置きしたあとは、
水で薄めたり、冷ましたり、
温度を下げてから
排水しましょう。

って、言っても、
サバ缶の後始末に
お湯を使うのは
現実的ではありません。

ニオイが広がって
部屋が大惨事になります。

部屋どころか、
ご近所迷惑のレベルに
なる恐れあり。

なんでもカビキラー

私は、なんでも
カビキラーです。


食器洗い

ワタクシ、なんにでも
カビキラーです。

お風呂に1本カビキラー
トイレに1本カビキラー
キッチンに1本カビキラー
屋外の流しに1本カビキラー
排水口に1本カビキラー

家のいたるところに
カビキラーのスプレー常備です。

ちなみに、残酷ですけど、
ゴキブリにもカビキラー。

塩素系の洗剤は
だいたいコレ。

例えば、
食器の漂白もコレ。
フツーはキッチンハイターで
漬け置きなんでしょうけど、

ワタクシは
カビキラーで直接に
泡を吹きつけちゃいます。

このほうが、
面倒くさくないです。

あ、でも、
カビキラーを使うときは
必ず、使い捨ての
ニトリルや、
ラテックス手袋を
使ってますよ。

塩素系洗剤って
化学反応が伴いやすいので
有毒ガスとか換気とかに
気をつけないといけない
ですけど、

殺菌力と消臭力と漂白力が
強烈ですので
上手に使えば
カナリの省労力になります。

カビキラーはチョット
金額的に高めですけど
安価な類似品…例えば、
イオンのPB品とか
100均の品でも
効果は絶大ですので

塩素系洗剤と
使い捨てゴム手袋の
予算を多めにとっておくと
よいと思います。

そのほうが
断然、手間が減るし、
いろんな、クサイ悩みも
解消していくし、
いろんな、用途にも
使える。

比較的、
万能なスキルになるので
おすすめですよ。


使ったモノを
洗って再利用することによる
弊害や消費…

例えば、
食器洗いでの「手荒れ」。

そのために
高価な「保湿クリーム」
を買うハメになる…

でも、普段から
水仕事にはラテックスの
使い捨て手袋を
使っていれば、

手は一切、
まったく荒れない。

高価な保湿クリームは
使い捨てゴム手袋の
何倍のコストになります?

2倍どころじゃなく、
5倍以上でしょ?

自分の身を削って、
その回復にとんでもない
出費をするくらいなら、

初めから、はした金で
買える使い捨て用品で
代替する。

自分自身が
痛い思いをせずに済むのに
コストは半分以下になる…

そういう生き方のほうが
良くないですか?

ゴム手袋

洗って再利用って
難しいんです。

自分の血肉を削っていれば
それは
お金がかからなくて
いいのかもしれません。

でも、ワタクシの血肉は
1円・2円で買える
使い捨て用品より
価値があるのです。

無尽蔵に回復できる
「若さ」があるなら
そのほうが良かったのですが、

あいにく、
自分の血肉を削るより、
1円・2円の出費を
惜しまないほうが、

少なくとも私にとっては
そのほうが良かった。

自分の血肉を削るより、
2円の消耗品を捨てたほうが
私にとっては
ぶっちぎりにして、
圧倒的な
利益につながったのです。

さんま蒲焼…の缶詰

さんま蒲焼…の缶詰


さんまの蒲焼

青魚の缶詰って、
いったい何なの?って
いう人もおられると思います。

それぐらい、まったく
消費されない人も
いるんですよね。

でも、青魚
(さんま・さば・いわし)は、
DHA・EPAが多く含まれており
デブの強い味方です。

そんな青魚の缶詰のなかで、
カナリ大きな人気を得ているのが
さんまの蒲焼です。

マルハニチロだけでなく、
ニッスイ、極洋など
大手水産メーカーから
発売されています。

これがまた、
酒に合うんです。
とくにウィスキーに合う。

ウィスキー

ワタクシの場合は、
温めるわけでもなく、
そのまま缶を開けて食べてます。
これだけでもイケます
七味や山椒をかけると
これまたウマい。

それだけでなく、
いろんな調理方法もあり、
素材としても人気です。

この機会に食べてみては?

だいたいスーパーで
130円前後です。